HOME Wisteria Contents NEXT


4/ライニング&バックボード

 

さ、次はライニングの制作です。
まずは、材料を準備して・・・

ん?
これはライニング加工で使用する「割れ止め」を作っているところですね。

ライニング2コマのサイズにカットしています。

はい、割れ止めのラフカット終了。

割れ止めはこんな感じに使用します。

割れ止めを避けながらライニングは、こんな感じで設定していきます。

各箇所への割れ止めをカットするために
マーキングしていきます。

割れ止めのカット終了。

ライニングの接着風景ですね。

割れ止めを磨いているところです。
これは240番ですね。

その後400番まで磨き、割れ止めの完成です。

割れ止めはこのように接着していきます。

割れ止めの接着は、こんな感じで。
ただし、この写真は、シュミレーション。
ま、こんな感じで接着するという参考ですね。

カッタウエイ部分は、アールの曲率が高いため、
一コマづつ接着していきます。

ライニングに加えて割れ止めを接着しています。

翌日の風景。
ライニングの接着のためのWクリップをはずしているところ。

はい、ライニングと割れ止めの接着が完了。

角度を変えて・・・・

つぎは、バックボードのブレースをカット(成形)しているところです。
カットが終わった、バックボードのブレースはこんな感じ。
と、その前に・・・・
バックボードセンターの補強材を接着していきます。
補強材の接着完了。
接着後15分の後に、はみ出た接着剤を取り除いていきます。
さらに・・・サンディングして・・・・・
補強材の表面を綺麗にしていきます。
つぎにバックボード用のブレース位置をマーキング。
これはエンドブロックの位置をマーキングしているところです。
こんな感じになるワケですね。
ということで、現物製図をしているところです。
はい、マーキング完了。
さらにブレースの接客行程に続きます。


 


HOME Wisteria Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.