HOME Wisteria Contents NEXT


5/バックボードブレイシング

 

これは、バックボード用のアールをつけたジグです。

ブレイスをアールに沿うようにマーキングしているところ。
使用しているのは5円玉ですね。

はい、このようにマーキング完了。

4本ともすべてマーキングしました。

ラフカット下部分をカンナで整えて・・・

最初の写真に出てきたジグに120番のサンディングペーパーを貼り
先程のカット面を滑らかにしていきます。

接着する位置にマーキングしているところですね。

で、カットは、このようにカッターナイフで。
スプルースの柾目方向なので簡単にカット出来ます。

左右をカットした部分を、ノミでザグっていきます。

はい、このように収まりました。
じゃ、接着していきましょう。

ということで、接着。

4本ともすべて接着しているところ。

このようにアールがついています。

はみ出ているブレイスをカットして・・・

スキャロップを施していきます。

スキャロップをつけている途中ですね。

ブレイスの両端側面をカンナで整えているところですね。

とりあえず出来ました。
ここからタッピングしながら、音の出方をチェックし
スキャロップを深めて削っていきます。

つぎは、ネックの制作です。
まずは、型紙を作成。
手持ちのホンジュラスマホガニー材を挽き割っているところ。
ストックももうわずかになって来ました。
もし、ホンマホのネックをご希望の方は、お早めに・・・。
挽き割った材のカット面を整えています。
現物製図しているところ。
ということで・・・接着ですね。
接着風景ですね。
センター材にはウェンジを使用しています。
この状態で24時間放置。
翌日です。
接着が完了しました。
つぎは規定値にカットしていきます。
このように直角の出た木片を、ネックに密着させてネックの直角を維持しながらカットしていきます。
マーキングラインの外側1mmくらいの位置を
ラフカットしていきます。
ラフカットのつぎは、カンナ盤で指板接着面を綺麗に整えます。
はい、指板接着面の仕上げが終了。
次の工程は、トラスロッドの埋め込みですね。


 


HOME Wisteria Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.