HOME Wisteria Contents NEXT



8/ブレイス&ヘッド成形

 

ロゼッタ部分もここまで彫り込みました。
と・・・・いうことで、
あらら、ロゼッタ作業ではなく次の作業に入ってしまいました。

ブレイスの切田視作業ですね。
スプルースを使って、各ブレイスの材を切り出します。

切り出したブレイス材は、
このように直角面をカンナで出して行きます。

どんどん削っていきましょう!

はい、すべてのブレイス材の成形完了。
いやあ、これはこれでなかなか大変な作業でした。
よーするに、めんどくさい単純作業なのでした。

で、ブレイス材を所定の位置に置いてみたところ。

場面変わって、おつぎはヘッドプレートの加工ですね。
まずはトラスロッドのメンテナンスホールの加工をしています。

はい、こんな感じ。

じゃ、接着して行きましょう。
接着剤をドボドボ・・・・
ヘラで均一に伸ばしていきます。

クランプで固定して、約半日放置します。

ヘッドプレートが接着できたら
ジグを当ててペグ位置に下穴を開けて行きましょう。
と同時に、この穴はジグの固定に使うビス穴にもなるんですね。

はい、ヘッドのジグが固定出来ました。

引き続きペグ穴位置の下穴を開けていきます。

で、ジグに沿って白マーカーでマーキングした後、
ジグを取り外し、マーキングラインよりちょいと外側を、
バンドソーでラフカットしていきます。

おっと、またまた作業工程変更。
これはネック嵌合部テノンの成形ですね。
私の場合、ここは手ノコで成形します。
切り出しには、微妙な角度をつけて行うので
どうしても バンドソー等の「機械」では出来ないところなんですね。
ま、ジグを作ればバンドソーでも問題ないんですが、
なんせ常にオンオフの逸品製作なものですから
ジグを作る余裕がないんですよ。

で、テノン部分のラフカットが出来たところで、
ネックのサイド部分を、これまたラフカットしていきましょう。

さ、つぎはヘッドの成形です。
これは何をしているか・・・というと
トリマー台でヘッドの成形をしている所なんですね。

このようにジグを固定して、
ベアリングのコロ付きビットで成形したところです。

やれやれ・・・・
ヘッドの成形が出来ました。
写真じゃたった3枚ですが、準備と作業で結構な時間を取っています。

はい、またまた場面転換・・・
お次は、ボディエンドの装飾作業。
まずはV字型にサイド材を彫り込んで・・・
前に成形した矢羽根材を組み込みました。

で、矢羽根材が出っ張っている部分を均しているところです。
これがまた時間がかかるんですよね。

はい、エンド部分の装飾が完了。
サイド材と同じ材を使っているのですが、
まるで違った風景になりますねえ。
縦と横で材を使い分けるだけで、これだけの変化を出すことが出来ます。
ということでボディのばっく&サイド部をランダムサンダーで研磨。
このときは120番〜240番で磨いております。

おお、美しい!
ジリコテのバック材の白太部部分が、
綺麗なアクセントになってますね。

で、ちょっと引いたところの写真。


 


HOME Wisteria Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.