HOME
 Santana Lefty contents  NEXT



16/ボディ磨きなどなど

さ、最終の磨き工程です。
まず400番で、クリアコート面を入念にサンディング。

続いて、800〜1000番相当のスポンジペーパー、
さらにこの写真の1200番相当の緑スポンジペーパー・・・

はい、鈍い光沢ですが、下処理の磨きは終わりました。
残るは、2000番の水研ぎペーパーとバフがけですが・・・
その前に・・・
銅箔でシールディングを行いました。
トレモロ用のスプリング金具が収まるスペースは
はっきり言って、このような銅箔のシールディングは
必要ないと思いますが(どうせ、アースを金具にハンダするからね)ま、ここは、気持ちの問題。

銅箔の継ぎ目はハンダを盛って完全にふさいでおきます。

トレモロのスプリング受け金具の位置出しをしておきましょう。
まず、金具を固定し、位置決めのアタリをロングビットで
マーキングします。

つぎに、ビス用の下穴を開けておきましょう。

で・・・・
このような感じになるワケです。

次は・・・・
スプリングキャビティのフタ部分、
弦を通す穴を開けていきます。
まず弦の通り道にマスキングでアタリをつけて・・・

フタをしめて、穴開け位置を確認します。

ドリルで左右に穴を開け、
その穴を結ぶように糸鋸で切り出します。

はい、スプリングキャビティのフタ、
弦を通す穴開けが完了。

ついでに・・・・
ビス穴も開けておきましょう。
もちろん穴の周囲は、ザグリを入れて・・・。

はい、ポットキャビティ、スプリングキャビティの
フタが完成しました。

ボディに置くと・・・・
こんな感じですね。

続いて・・・・
家具用のワックスを擦り込みます。

鈍い光沢が出てきました。

「素」の状態と比較してみましょう。
これくらい光沢に差が出てきます。
ちなみに、一番右のフタは、現在進行中の他のギターのもの。
(あ、このギターは、メイキングはありません)

・・・ということで・・・
細々と事前の作業を終了し、いよいよ最終の磨き工程。
ペーパーでの磨きの最後である、2000番で水研ぎをします。

全体の水研ぎが終わったら、バフですね。

バフが終了後、曇りが出ているところを、
さらに細かいコンパウンドを使い、手磨きで仕上げます。

はい、磨き工程終了!
いや〜・・疲れた。

おっと・・・・
ピックアップキャビティに導電塗料も忘れずに。

はい、ボディの行程はすべて終了しました。
後はハードウエアを取り付けるだけです。

裏面も磨き終了。
じゃ、まずスプリング受け金具を取り付けていきましょう。
使用する緩衝材はコレ。
スポンジペーパーですね。
このようにペーパータオルでくるみ・・・
この上でドライバーを使用します。
ブリッジも取り付けましょう。
さ、どうやら、このメイキングも
あと2回くらいで終わりそうですね。



 


HOME
 Santana Lefty contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.