HOME
 Santana Lefty contents  NEXT



17/完成前の最終調整

トレモロのスプリングも取り付けました。
テンションは、若干弱めですね。

次にピックアップの取付位置を確定させます。

独特なポールピースを持つ、このピックアップ。
トレブル側に一般的な丸いポールピースをセットします。

ここで、もう指板のマスキングは必要なくなったので
取り去ってしまいましょう。

とりあえず、ネック&ブリッジ側のピックアップを仮置き。
もちろん、まだエスカッションは、固定はしていません。

たこ糸を張って・・・・・
ピックアップのポールピース位置を確認しながら
ピックアップの位置を確定させます。

で・・・・
ビスの下穴を開けて・・・・・

ハイ、無事ピックアップの取り付け完了。

次に・・・
配線ですね。
キャパシターは、オレンジドロップですね。
ストークでは、いつも定番として使っているものです。

ストークでは、特にオーナーから指定がない限り
配線材は、ベルデンを使用しています。
そしてハンダは、ケスターです。
中には、配線材やハンダも指定されてくるオーナーもいらっしゃいますね。もちろん、その場合は、オーナー自らのチョイスで配線材やハンダ、さらにはポットやキャパシターなども送ってくださいます、そうしたオーナーも最近は増えてきました。

・・・ということで・・・
配線作業がこのように終了しました。

シールド金具を取り付けて
配線作業は終了です。

つぎに、フレットの最終仕上げですね。
フレットの摺り合わせなどは、すでに終了しているので、
ここでは「磨き」のみの作業になります。
800番〜、1200番〜のスポンジペーパーで磨き・・・

最終的に、このようなドレメルでの
コンパウンド磨きで仕上げます。


すべてのフレットを磨き終えました。
じゃ、マスキングを剥がしていきましょう。

塗装済みの本体から、マスキングを剥がす場合は
できるだけ塗装面にストレスを与えないように・・・
たとえば指板のマスキングを取る場合は
このように両側から静かに剥がすようにしています。
決して、一方からベリッ・・てな勢いで剥がさないように。
時として、クリアー面を道連れにしてしまう時も、
たまにあります。

こういう所も、慎重に・・・・

やれやれ、なんとか指板の仕上げも完了しました。

角度を変えて見ると、こんな感じ。

つぎに、ペグの取付を行います。
クリアー等で、若干小さくなってしまったペグ穴を、
リーマーで少し広げているところです。

ヘッドの表側のペグ用ブッシュを、
プラスチックハンマーで打ち込んでいるところです。

打ち込みの最後は、このように当て木をして・・・

で・・・・ペグの取付。
スペーサーをかませて・・・・
はい、取付完了です。
次に・・・・
ナットの加工を。
このギターは、オーナーの意向で
エボニーナットで作業を進めています。
まず、フレットの高さをナットに移し込みます。
はみ出ているナットの両端は、
ジュエリーソーで左右をカット。
さらに、全体を240番〜400番〜600番〜800番〜1200番で磨きます。
薄刃のノコで切り込みを入れたところ。
で、ナット溝切り前の最終チェックですね。
突然ですが・・・・
このギターに使用する弦は、
ダダリオの.090のセットです。
細い・・・ですねえ・・・。
次に、トラスロッドカバーの制作ですね。
このトラスロッドカバーは、縞黒檀で制作しいています。
はい、ロッドカバーの磨きも終わりました。
これは、家具用のワックスを塗り込んだ後の表情です。
はい、完成!
ストラップボタンを取付けて・・・
ブビンガ材で作った裏蓋を取り付けて
パーツ類の装着が完了。

音だしのチェック・・・・
イイですね、なかなか太い音が出てました。
ということで・・・完成です。
次ページは完成写真!




 


HOME
 Santana Lefty contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.