HOME
  Z's 6string bass Contents NEXT


11/ヘッドインレイ&フレット

指板の接着です。
これは仮クランプですね。
この10分後、はみでた接着剤を拭き取り
Fクランプで本クランピングします。

指板の接着完了。

ボディ側から見たところ。

つぎにヘッドインレイの埋め込み作業をします。
まず、埋め込み素材(Luminlay)の厚みを測り
彫り込みの深さを決めているところですね。

彫り込み位置はこのあたり。

製図を貼って・・・・・・

彫り込み開始。
その後、何度も修正しながら・・・・

無事、ストークのロゴが収まりました。

じゃ、早速接着です。
用意するのは、いつもおなじみ・・・・
30分硬化型2液エポキシ 、黒のパウダー、
エポキシを混ぜるための爪楊枝などなど・・・

ロゴ用に彫り込んだ穴にエポキシを充填し、
いっきに接着です。
あまった黒のエポキシは、ヘッドの導管埋めに使います。

翌日・・・
ヘッド面を削っているところ。

突然ですが・・・・
このベースに使用するGOTOH製のペグ。
ゴールド仕様です。

でさ、つぎはフレット打ちの行程です。
まずフレットベンダーでフレットにアールをつけて・・・

各フレットごとにカット。

フレットを打つ前に、
再度、指板のストレートラインをチェックします!

指板上面は、最終的に1200番まで磨きました。

フレット打ちの前に、フレット溝のクリーニングは必須!

さらに・・・・・
フレット打ちの前に指板表面を
椿油でコーティング。

塗り込んだ油を磨きます、

はい、指板下地が完成
じゃ、さっそくフレットを打っていきましょう、

写真は早いね!
あっという間に出来上がり。

はみ出ている余分なフレットをカットし・・・
サイド部分をツライチに磨きます。
サイドのフレットの飛び出た部分がなくなったら
フレット端を斜めにカットします。
これは、フレット端を斜めに削る専用ヤスリ。
フレット端が斜めになったら、
端部分の「めくれ」をとって滑らかにします。
はい、フレット端の処理が完了しました。
さらに、フレット上面の水平出しをします。
こまめにフレットの水平をチェックしながら・・・・

最終的に、0.04mmのシムで
フレット間の隙間がないかをチェック。



 


HOME  Z's 6string bass Contents


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.