HOME
  Z's 6string bass Contents NEXT


12/ネック&フレット調整

フレットの調整が終わったら、次はペグです。
まず、ペグ用の穴を開けていきます。
GOTOHのいつものパターン、
表からと裏からの穴径が違いますので
深さを慎重に決めて穴を開けていきます。

表から約10mmの深さに掘りました。

裏側から違う径のドリルビットで貫通させます。

はい、仮組です。
ゴールドのペグが、このヘッドのよく似合いますね。

裏から見たところ。

さ、次はネックの成形行程に進みます。
まずネック単体の厚みを計測・・・・
現状2.5mm・・・・
まだ0.3〜4mm削り込む必要がありますね。

これは12F位置。
ここは27.5mm・・・・
ここも3〜4mm削り込みます。

と言うことで・・・・
最初にネックセンター部のストレートラインを削りました。
0F位置で22mmくらい、
12F位置で24mm暗いの厚みに調整してあります。
で、この写真のスポークプレーン(南京ガンナ)で
サイド部分を削っていくわけです。

さらにカンナヤスリも駆使して・・・・

センター部のストレートラインを確認しているところ。

12F位置で24mmですね。

12F位置で22mm。

何とかネックの形になってきました。

ヒール部分・・・・。

角度を変えて・・・・
む〜〜〜、
もう少し追い込む必要がありますね・・・

ヘッド裏もしっかりと成形し・・・・

ヒール部分をさらに追い込んで成形した写真がこれ。
ボディとネックの境界が、前の写真に比べて
随分後ろに下がっていることが分かりますかね?

角度を変えて・・・・

さ、ネックがほぼほぼ成形出来ましたので
今のうちにフレットの仕上げを・・・・

フレットトップを専用工具で丸めているところです。
さらに400番〜800番〜1200番で磨いたあと・・・

ドレメルとコンパウンドで最終仕上げ・・・。
ピッカピカです。

マスキングを取り去ったあと、
椿油で指板表面をコーティング。
こんな感じですね。
しっとりとした指板になりました。
さ、つぎはナットです。
14度のジグでナットを挟んで・・・・
薄刃のノコでカット。
さらに、ノミでナットの底面部をキレイに仕上げます。
これはヤスリで仕上げているところですね。

で、何度もナットをはめて削り、
やっとこここまできました。



 


HOME  Z's 6string bass Contents


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.