HOME
  Z's 6string bass Contents NEXT



2/スルーネック加工



スルーネック材の厚も調整が終わったら
外側の4枚をそれぞれ接着しておきましょう。
一番外側のメイプルと、
その内側のブビンガを接着していきます。

これは仮クランプの様子。
接着の最初は、ズリズリと材が動くので
細かく接着位置を微調整し、
さらに指板接着面の水平を出しながら
仮クランプをしていきます。
(ただし、この時点で接着面の隙間は、絶対NG)
この状態で・・・約10分。

いったんクランプを全部取り外し、
はみ出た接着剤をナイフやノミなどで丁寧に取り除き
本格的にクランプです。
この状態で約半日。
あ、センター材は、この時点では接着しておりません。
あくまで当て木として使用しているだけです。

左右のメイプル&ブビンガが接着完了。

じゃ、型紙を切り出していきましょう。
ワンオフ制作なので、しっかり板材でのアウトラインジグは作りません。(その都度だと、ホント大変だからね・・・)
で、このようにプリンタで出力した用紙を貼り合わせ
工作用の厚紙で裏打ちしたジグを作って作業しています。

ネックのアウトラインジグもこの通り。

ということで・・・・
アウトラインジグを元に、ネック部分(正確にはスルーネック部)をバンドソーで切り出しました。

じゃ、早速接着していきましょう。
最近は、ほとんど写真も撮っていないのですが、
久しぶりに撮ったのがコレ。
そうです、接着前には接着面を固く絞った濡れ雑巾で拭く!
私の最近のメイキングには出てきませんが、
ちゃんとやってますよ。
細かいホコリなどを拭き取る事も重要な要因ですが
カット面のケバなどのチェックも兼ねて
いつもこの作業をしています。

はい、接着開始・・・・
いつものように5分タイマーを使って10分間・・・
その後、はみ出た接着剤を取り去ります。

で、もう片方の部分をお接着!

はい、ワークテーブルは、使用不可能状態になっています。
・・・ということで、この接着は夕方からの作業になっています。つまり・・・このまま翌日までクランプしておくわけです。

ヘッド部分もズレがないように注意して・・・・・

翌日ですね。
しっかりと接着できました。
ヘッド部分もこの通り。
さ、次はボディトップのフィギュアードメイプルの
ブックマッチ作業に行きましょう。
20mmのトラ杢メイプル材を挽き割りして・・・

ドラムサンダーで厚みの調整をしていきます。
目標は、厚み6mm!


はい・・・・厚み調整完了。

こんな感じになるワケですね。
じゃ、ブックマッチ準備を・・・。
接着面の直角・ストレートラインを出していきます。
コレは120番でのサンディングですね。
最終的に240番まで接着面の仕上げをおこない、
いよいよブックマッチ接着です。
クランプやラックスペーパーなど必要な道具を揃えて・・・
クランプ!
ちなみに、ネックを接着する時のような
ガチガチのクランプはおこないません。
各クランプの締め込むチカラは
かる〜く、クィ!・・・くらいですね。
グィ・・までは行きません。
はい、ブックマッチ接着完了!
え〜と・・・・
ネックの指板接着面のストレートラインを
作っている所ですね。
最初から、この部分刃、水平を意識して接着してあるので
写真のような手持ちのサンディングブロックで、十分に水平が出ます。
どうかな?
・・・いいようですね。
ということで・・・・
指板接着面に直接製図をして・・・図面との整合性をチェックします。


 


HOME  Z's 6string bass Contents


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.