HOME
  Z's 6string bass Contents NEXT


6/ボディ仕上げ成形



はい、ボディの接着が完了。
しかし、重いし長いので、取り回しが悪いですねえ。
ついつい、作業の始めにヨイショッ!・・なんてかけ声が出てしまいますよ。

バンドソーでボディのアウトラインをラフカットしました。

やっと、ベースのカタチになって来ました。

微妙にデコボコ部分は、
この時点で徹底的に水平を出します。

材が堅く、なかなか手強いので
こんなベンチプレーンも登場したりして・・・

ランダムサンダーですね。
これは120番。

で・・・・・
ミニサンダーで・・・・240番。

何とか水平面が出ました。
かなり体力と時間を使った作業になってしまいました。

指板材のパープルハートを乗せてみましょう。
この材、切ったり削ったりした直後は、
普通の木材のように茶色なのですが
時間が経過すると、このようにどんどん紫色になって来ます。

次は裏面ですね。

ラフカットのボディ周囲を、
テンプレートを使ってトリミングします。

ま、いつもの事ですが、
トリマーを使用中は、写真は撮れません。
・・・ということで、これが完成写真。

つぎに、トップボードの加工ですね。
フィギュアードメイプルです。
かなり強くトラ杢が出た材ですね。
型紙で現物製図し・・・・

バンドソーでラフカットした後、
先ほどのテンプレートで、ボディ同様トリミングしました。

ネック部分が収まる部分は、
少し大きめにカットし、このように後でチマチマと削っていきます。

はい、収まりました。

次にバッテリーボックスの埋め込み作業ですね。
オーナーの希望で、バッテリーボックスが完全に埋め込まれた状態にしたい・・・ということで・・・・・

まず、通常はトップに出てくる部分を、
ボディの中に落とし込む分を削っていきます。

バッテリーボックスを反対側から置いて見たところ。
右側の定規が当たっている所のように、
完全にボディの中に落とし込まれていますね。

・・・さ、
次はバッテリーボックス本体が収まる部分をザグリます。
最初にドリルビットで、
ザクザクとトリミングする部分に穴を開けていきます。
ジグを使って掘り進めます。
ある程度掘り進んだら、ベアリングが当たる壁が出来たので
ジグを取り外し、直接掘り進みます。
最後は、反対側からフラッシュトリムビットで・・・
切り抜き完了!
おお!
いいですね、ぴったり収まりました。
このように、ボディ面に出っ張ることもなく
綺麗に収まりました。
次に、メンテナンスポケットのザグリです。
バッテリーボックスと同様に
最終的に反対側からフラッシュトリムビットを使って・・・。
はい、2箇所のザグリが出来ました。


 


HOME  Z's 6string bass Contents


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.