HOME
 no-zone 8-string Contents NEXT




18/ナット&サドル制作


ナットの仕上げをしていきましょう。

ナットの左右をカットして、
ネックの幅に加工しました。

次はナットの高さを決めて行きます。
まずは、おなじみ半割れ鉛筆。

まず、フレットの高さをナットに写します。

つぎに、弦道の高さをナットに写します。
今回は、ナイロンですので1mmの高さを設定しました。
で、1mmの厚みのある金属板をチョイスし・・・

1Fに敷いて、弦高の位置をナットに写します。

で、このように現物製図されました。
下からフレット位置、弦高位置、
そして1mmプラス、削りしろのマージンを1mmとって
ナットカット位置を出してあります。

ナットの高さ調整は、このようにベルトサンダーで。
端材に両面テープでナットを貼り付け・・・・
危険ですからね・・・・ナットをじかに持つと・・・

うぃ〜ん・・・って、回ってないじゃん・・・
ベルトサンダー・・・・・。
すいません、これはやらせ写真です。
実際にサンダーを回しながら撮影すると、
危ないやら、削りすぎてしまうやら・・で
良くないことばかりなので・・・。

はい、ここまで削り込みました。

もちろん、ナットの前面は、
このように斜めに削ってあります。

さ、つぎはサドルの加工に入ります。
ちなみに、写っているノギスの0.15mmは、
この作業になんの関係もありません、すんません。

スタンレーのスクレーピングカンナで厚みを調整しているところです。

ナットの厚みが出たら、つぎはブリッジ部の加工に入ります。まず、ブリッジ両サイド、薄くする部分の加工、その1。
つぎにサドルが収まる溝を、3mmのルータービットで溝掘り・・・。
こうなりますね。

ナットも最終仕上げ。
3mmの溝にぴったり収まるように、
ここからじっくりと厚みを調整していきます。

はい、ぴったりと収まりました。

両サイドの薄くなる部分を、
バンドソーでカットしてます。

このようになるワケですね。

で。ヤスリで両端面にアールをつけていきます。

つぎは、ナット溝後ろの弦が出てくる部分、
ここにアールをつけていきます。

次は、弦道のための弦の穴を開けていきます。

このギターオーナーのこだわりのひとつ、
弦のテンションにナーバスなので、穴の開ける位置を変えてほしい・・・ということで、このようになりました。

ドリルビットの垂直を確認しつつ・・・・
はい、穴開け完了!
穴位置は、こんな感じになりました。
おおっ!
サドルも収まり、何とかブリッジの形になってきました。
タイブロックの装飾は、グリーンアバロン。
カット面をキレイにならして・・・・。

こーなるワケですね。

さ、いよいよ最終工程に進んでいます。
もうすぐ、このメイキングも終了に近づいています。
あと、ひとがんばり!

 

 



 



HOME  no-zone 8-string  Contents





Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.