HOME
 Seiuchi2 Archtop contents  NEXT




14/指板&継ぎ手の制作

 
指板の制作ですね。
まずは、3本のギターすべての指板の厚みを
ドラムサンダーで調整していきます。

厚みは5.5mm・・・
はい、いいようですね。

厚み調整を行った後
最初に行うのは、各指板のサイド基準面を作る事です。
サンディングバーで、この面のストレートラインを出して行きましょう。

で、この途中、このようにヘッドの成形も行っていました。
詳しい写真が見つかりませんでしたが、
このようにヘッドジグを固定して、
トリマー台でヘッドの形状を作っていきます。

この流れで、ネックサイド面の余分な部分を
ラフカットしておきましょう。

このように、約1〜2mmほど残して
ラフカットしてあります。
この1〜2mmというのは、
後のトリミング作業をしやすくするためなんですね。
ま、3〜4mmでもいいんですが、
この数値が小さいほどトリミングの抵抗が小さくなるため、
できるだけギリギリまでカットしているわけなんです。

ということで・・・
3本のネックの土台が出来ました。

じゃ、指板に戻りましょう。
先程のストレートライン・・・
いいですね。
光にかざして指板サイドと定規の隙間から
光が漏れなければOKです。

指板の基準面が出来たら
フレットの溝切りをしていきましょう。
まず先程作った基準面に、今回のギターのスケールジグを
両面テープで貼り付けます。

つぎは丸のこ盤ですね。
いま行っているのは、丸のこ盤の刃の出幅を調整しているところです。
手に持っている道具は、何ミリ(センチでも)飛び出しているか・・・を
計測できるものです。
このときは3.5mmに設定しています。

刃の出幅が調整出来たら、
いよいよフレット溝を切っていきます。
クランプで止めてあるのは、
指板に貼り付けた溝が切ってあるスケールジグに
カチッとはまるように、ピンが取り付けてあるジグです。

で、そのジグにスケールジグを合わせると、このようになります。

先程のスケールジグは、こんな感じ。
各スケール位置に切り込みが入れてあります。
む〜ん、この写真じゃわかりにくいかなあ・・・

フレット溝が切れたら、ネックの形状にカットしていくために
マスキングテープでマーキングします。
鉛筆線などではわかりにくいですからね。

で、これはマーキングラインの外を楽カットしたところ。
やはり先程のネック両端と同じように
1〜2mm外側をカットしてあります。

ストレートジグを使って
マスキングラインのストレートをトリミングしていきます。
こんな感じに出来ました。

3本とも指板の形状が完成しました。
いやあ、写真で見ると簡単そうに見えますが、
3本同時に作業を進めると、こりゃなかなか大変ですね。

途中の写真を撮り忘れてしまいましたが
左右のストレートが出た指板を、ネックに両面テープで固定して
指板のストレート部分をガイドにして、ネック両端をトリミングしていきます。
とりあえず、その行程は、もう少し先ですが・・・。
ネックのサイド両端のトリミングが終わったら
次の行程は、継ぎ手部分の成形ですね。
この写真は、ネックに合わせて厚みを調整しているところ。
もう、ちょい・・・・かな?
最終的には、ピッタリの厚みではなく、
ほんのわずかに継ぎ手側を高くしてこの行程は終了です。
というのも、接着してから完全なフラット面にするので、
この時点ではぴったりにする必要がないのですね。
厚みが出せたら、ネック側との接着面を調整します。
直角形状に気をつけて・・・
このようになるワケですね。
アップで見ると、こんな感じ。
指板を乗せてみたところですね。


 


HOME Seiuchi2 Archtop contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.