HOME
 Seiuchi2 Archtop contents  NEXT



 

17/ブレイスの制作ほか

 

それでは切り出したブレイス材を接着していきます。
まずはXブレイスの片割れ・・・・

つづいてXブレイスの、もう片方のX側の接着。
写真では1枚経過ですけど、実際には半日以上の時間が過ぎております。

ブリッジ裏の補強板ですね。
今回は、メイプル材を使っています。

このように接着されるわけですね。

接着用のジグを使って押さえながら補強板を接着しています。

これはサウンドホールらの補強板の接着風景ですね。

補強板の接着完了。
使用している材は、スプルース。
厚み1.5mmに調整してあります。

つぎは、各ブレイスの制作ですね。
カンナで厚みを調整して・・・

こんな感じで背着していくわけですね。

はい、どんどん接着します。

すべての接着が完了。
このあと各ブレイスにスキャロップを施していきます。

これが、また、手間がかかるんですね。
各部材にスキャロップをつけて行くのですが、
ある程度成形出来たところでタッピングしながら
出音の調整をしながら進めるのですから
かなり時間がかかってしまいます。

もくもくと成形しております。

はい、ブレイスの成形が終了。
自分で納得出来る音が出るまで
ほぼ半日、時間がかかりました。

仕上げですね。
サンディングしながら各部分を綺麗に仕上げていきます。

ブレイスの成形完了。
あー、しんどかった・・・・。

さ、接着の準備が出来ました。

ブレイスがのっかる部分の切りかけを作っていきます。
薄刃のノコで切り込みを入れて、
デザインナイフでぴったりのサイズに切り欠きを入れて行きます。
仕上げはサンディングですね。
最近は80番・120番を頻繁に使いますねえ。
以前は120番以下が多かったのですが
作業時間の短縮も含めて、接着の効果も大きな変化がないので
この80と120の使用に至りました。
このようにブレイスが乗っかる部分をマーキングしながら
切り欠きを作って行くわけですね。
すべての切り欠きが成形出来ました。
これで、やっとトップボードを接着することが出来ます。
じゃ、接着していきましょう。
いつもながらものものしい風景ですね。

はい、トップボードの接着完了。
いやー、お疲れさまでした。




 


HOME Seiuchi2 Archtop contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.