HOME
 Seiuchi2 Archtop contents  NEXT




20/ネック成形&接着

 

いいよネックの仕上げ工程です。
まずボリュートの成形ですね。
現物製図をして・・・

ヤスリでゴシゴシと削っていきます。
ここら辺は、製図とかの「めやす」とかはありません。
今までの経験値?・・・で削っていくわけですね。
これを3本行います。

ヤスリでザックリ削った後、
ペーパーで最終的なカタチを整えていきます。
これは・・・・120番ですね。
最終的には、240番・400番まで削っていきます。
そこまで削ると、やっと塗装前の下準備完了です。

似たような写真ですが・・・・
これは3本のうち、どのギターだろ?
作った自分でも分かりません・・・ははは。

つぎにネックの成形ですね。
ネックのセンター部分を設定の厚みにするため
ストレートライン出しに削っていきます。

ストレートラインをチェック!

ストレートを部分的に修正しているところ。

で、センターラインを出しましょう。

ドンドン削って・・・
まだまだですね。

ヒーヒーいいながら3本とも年とか規定値内に収めました。

最終的に、先程と同じ400番までサンディングして
塗装前の下地処理がやっと完了。

こんな感じですね。

ヒール部分も同じように仕上げていきましょう。

今のうちにフレットの溝も埋めておきます。
指板の粉を集めて接着剤で固めていきます。

接着剤が乾いたら240番・400番でネックと同じように
塗装前の下地処理していきます。
240番で磨いています。
これは400番で磨いているところですね。

さ、これからが苦行の連続!
ボディ全体を240番・400番でしっかりと磨くと
やっと塗装前の木地下地が完了です。
写真は1枚ですが、これがなかなか手強い!
毎日泣きながら1週間くらい磨いてたかなあ・・・

じゃ、ネックを接着して行きましょう。
おっと、ワープしちゃいましたね。
ネックの接着ついでに、接着面を均しているところですね。
こんな感じですね。
この状態で24時間放置しておきます。
これを3本やるわけですね
ちょっと写真が前後しましたが
接着前はこのように接着面を何度も嵌合させながら
確認しているわけですね。
 
はい、無事接着完了。
これはアーチですね。(見りゃわかるか・・・)

裏側もご覧の通り・・・

このようにしっかりとトラも出ております。
いやあ、なかなか綺麗なトラですねえ。
で、これは3本の内のアコですね。
アコも無事、木地下地完了!



 


HOME Seiuchi2 Archtop contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.