HOME
 Shozi! contents  NEXT



13/ネックエクステンション&ボディ加工

 

ネックの幅を決めていきます。
ストレートのジグを使って、
ネックのカットラインをトリミングするところですね。

うぃ〜ん・・・・と・・・・
トリミング。

トリミング後は、こんな感じ。

つぎは、エクステンション(継ぎ手)の接着です。
指板接着面に対してストレート面を出したエクステンションですね。

では・・・・
接着の準備。
いつものように接着のための道具類を用意して・・・

このようにハタガネで前後をクランプしつつ
上下方向もしっかりとクランプして接着します。

接着風景の全体像。

はい、無事エクステンションも接着完了。
0.5mmほどエクステンション部分が高くなっていますが、
これは想定内・・・。
ここから指板接着面のストレートを出して行くわけですね。

場面は変わって、バックボードの接着面の掃除です。
はみ出た接着剤を綺麗に取り去っているところですね。

接着剤を削り終えたあとは、サンディングして綺麗にしておきます。

はい、バックボードの接着が完了しました。
じゃ、今のうちにバックボードにシェラックを塗布しておきます。
このシェラックのとふは、細かい導管の「穴」とかを塞ぎ、
さらに完成後の湿気対策も兼ねての作業になります。

結構吸い込みますね。
・・・というくらい、このバックボード裏面は、
ガサガサに乾いているわけです。

サイド部分も忘れずに・・・

さ、つぎはトップボードの成形です。
オーナーの要望で、ノブ類は垂直に立った状態で・・・・
ということで、PRSのようなザグリをトップ面に加工していきます。
まずは、ザグリを入れる大きさをテンプレートでマーキング。

マーキング完了。
このマーキング部分をザグっていくわけです。

ザグリは、ボール盤につけたルータービット。

ゆっくりと削っていきます。
ボール盤で加工しているので、
ボディトップ面に対して垂直にザグって行けるわけですね。
エッジ部分の角を滑らかにしているところですね。
さらにサンディングして・・・・
ある程度加工が出来たら、
ポット用の穴を開けて行きます。
はい、完了。
写真では、ほいほいと簡単なようですが、
この作業はかなり気を使う慎重な作業なので、
結構、時間がかかりました、
これは裏面ですね。
表面の加工を前提に、削りしろのマージンを
残してあった部分を成形していきます。
で、全体をサンディングで仕上げます。
つぎは、おパラレルブレースの制作です。
まずはブレースの元材を、スプルースの柾目材から切り出します。
切り出したブレース材に、アーチのアール部分を写し取ります。
はい、こんな感じですね。
じゃ、バンドソーで切り出しましょう。
大まかにアールに沿った形状のブレースが出来ました。
しかし、この亜0チ形状は3Dなので、
ここからボディバックにぴったりと沿うよう加工していきます。
まず、ブレース位置にサンディングペーパーを貼り付け
小さな振幅で削っていきます。
これがなんとも・・・・苦行状態。
大きく削る事が出来ないので、非常にストレスの溜まる作業です。
ひたすら、ゴシゴシ・・・・
なんとかピッタリと3D形状が出来ました。
   


 


HOME Shozi! contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.