HOME
 Shozi! contents  NEXT



3/ボディサイド加工&ライニング

 

さ、サイドの加工に行きましょう。
2.5mmまで厚みを調整したウォルナット材。
それにしてもスゴイ杢ですね・・・。

これだけ杢が強いと、曲げるのも大変か?・・・
と思って気合いを入れて曲げ始めましたが
そこまで頑強ではありませんでした。
ちょっと杢の強いメイプル・・・といったところでしょうか・・・。

カッタウエイ側じゃない方は、このようにすんなりと曲がりました。

余分な部分は、いまのうちに切り落としておきましょう。

カッタウエイ側も、ちょっと悪戦苦闘しましたが
何とか無事に曲げ終えました。

エンドのカットラインを出しているところですね。

スコヤで直角をだして・・・・

このように端材をワークテーブルに固定して、
その端材がはみ出た部分で、サイド材をカットしていきます。

左右両側とも同様にカットして・・・・

エンドブロックの加工ですね。
これはサイドの高さをマーキングしている所ですね。

モールドにあてがい、エンド部分のアールをエンドブロックに写し取ります。
バンドソーでザックリとカット・・・・・

サンディングして、エンド部分にぴったりになるようにします。
いい感じですね。

エンドブロックのコーナー部分を
カンナで丸く加工しておきます。
これは、特に「音」には影響ありませんが・・・・
ま、見た目の・・・という所ですね。

はい!
ということでエンドブロックの接着です。
この状態で半日放置。
次にヒールブロックの切り出しですね。
これはホンジュラスマホガニーのブロック材です。
このホンマホ、随分と手持ちの材も減ってきましたねえ・・・

カッタウエイ部分の微妙な傾斜(指板の傾斜部分ですね)も
現物合わせで加工しました・・・。
で・・・・接着です・・・。

おおつ!
もうクランプが、なんだかよく分からない状態になっていますね。

さ、ブロックを接着しているうちに
ネックを切り出ししましょう。
まずは現物製図です。

指板接着面以外は、かなり余裕をとって切り出してありますので
これくらい余裕があります。
と、いうのも・・・・
このように最終的にギリギリ位置で切り出しをしますので
ある程度余裕があった方が切り出ししやすいんですよね。
はい、切り出し完了。

エクステンション部分も切り出し完了。
ところが・・・・
前回のページを見たオーナーから、
この白いラインの部分をもう少し太くしたい・・・という要望があり
かなり悩みましたが、変更することにしました。
また後ほど・・・その変更部分のメイキングはアップしますので・・・。
おっと!
ライニングも進んでいます。

すでに裏側は終了し、表側の河口に入っているところですね。

はい、上下のライニング、接着完了。

で、これは「割れ止め」ですね。
ライニング2コマ分の幅に切り出した
厚み1.5mmのヒノキ加工材です。

片側3箇所で、合計6箇所にこの割れ止めを取り付けます。
割れ止めの上に、2コマのライニングを接着します。
これは、割れ止めとライニングを接着しているところ。
はい!
ライニング加工の終了です。


 


HOME Shozi! contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.

.