HOME
 Shozi! contents  NEXT


5/ボディトップ・ハンドカーブの仕上げ

 

トップのアーチが出来ましたので、
次は裏側の凹のアーチを成形していきます。
まずは、トップボードの裏面にモールドを使って
アウトラインを写し取っていきます。

アウトラインが描けたら、センター位置の交点をあらためてマーキング。

このギターは、トップ&バックの先端部分が
チェロボディのようにサイドから少し出っ張っているように制作しますので
このようにコンパスを使って、通常のギターのアウトラインより
5mm外側にカットラインをマーキングしていきます。

つぎに・・・
これはノブとトグルスイッチの中心点を、マーキングしているところですね。
通常は、トップボードのアーチが完成してから、この作業をするのですが、
今回は、少し事情が・・・・

実は、このギターのV&T,そしてトグルスイッチ部分の底面は、
PRSギターのようにノブ位置をザグってほしいとのオーナーからの要望。
さらに、この写真ようにトップボードの水平に対して、
垂直に穴を開けてほしい・・・という要望です。
・・・ということは・・・
ソリッドギターなら、なんの問題もありませんが
アーチトップの場合、この状態でノブ位置部分を削り込んで行くと
本来、トップボードは5.5mm平均の厚みなのに、
ノブ部分を削り込むことにより、部分的に1〜2mmの厚みに
なってしまう可能性があるワケなんです。
と、言うことで・・・
その対応を、この段階でしておかなくてはなりません。
いまの説明では、あまりピンと来ないと思いますが・・・
以下の写真をご覧になれば、なるほど納得・・・になると思います。

で、ポットとトグルスイッチのセンター出しの下穴を開けました。

オーナーから送られてきたアレサンドロのボリュームポットと
ToneStylerなる、超高級なトーンポットです。

CTS3点トグルスイッチといっしょに・・・。
ただ、並びはヴォリューム・3点トグル・トーンの並びとなります。

じゃ、裏側をザグって行きましょう。
まずは、サイド材が接着される「のりしろ」の部分の確保のため、
コンパスを使って、約20mmほどの幅でマーキングしていきます。

 


ヒールブロックの接着面も確保しなくてはいけないので
現物合わせでマーキングしておきます。
で、これはなんだ????
というと・・・・・

このようにボール盤の底面に埋め込みます。

このようになるワケですね。
このドリルビットは、これ以上下がらないようにセッティングしてあります。

上からのドリルビットと、先程埋め込んだ丸棒の間が6mmに調整してあります。要するに、トップボードの厚みですね。
最終的には5.5mmくらいの厚さに調整しますが、
現状のラフなザグリでは、少し余裕を見て6mmということですね。
じゃ、上の写真の隙間6mmのを、どう使っていくか・・・、
これは、先程マーキングしたボディトップですね
アーチにザグってはいけない位置に斜線でマーキングして・・・

はい、このように、ひたすらズボズボと穴を開けて行きます。

なんか凄いことになってますね・・・
でも、ここでひるんでは行けません。
とにかく、ひたすらズボズボと穴を開けていきます。

はい、やっと穴を開け終わりました。
20分ほどかかりました・・・。
しかし、すごいですね、蜂の巣のようだ。。

穴を開け終わったトップボードの裏側・・・
ノミと木槌を使って、蜂の巣部分を取り除いていきます。
これが、また、なかなかすんなりと削れてくれません。
杢の強いメイプル材なので、横方向は、比較的上手く削れてくれるのですが
縦方向がなかなか手強いです。
・・・・・休憩・・・・・
ノミで削り終わった裏面は、
そののち、四方反りカンナでデコボコ面を削りながら
均一面を作っていきます。

少しづつ削りしろを深くしながら、何とか5.5mm強の厚みがでました。

で・・・これはなんじゃ?
という質問も多いでしょう!
これは・・・・
実はオーナーの希望で、トップのボリューム・トーン・3点トグルの収まる部分を、PRSギターのようにザグってほしいいう注文です。
しかし、その際、ボディのアーチなりに凹ませるのではなく
あくまでも垂直にザグってほしいというご要望でした。
ボディのアーチなりに削り込むというのは、
トップボードの厚みが均一に薄くなるので問題ありません。
・・が、オーナーの要望通り、ギター本体に対して垂直にザグッた場合、
トップボードが斜めに収まるため
厚みが厚いところと、薄い部分が出来てしまいます。
これは、出音にもかなり影響が出ると判断して、
このように各ノブ部分の下側の厚みをやや厚めに残して作業しています。

しかし・・・
サンディングといい、このハンドカーブ作業といい・・・・
も、ホント苦行に迫るものがあります。

このようにアーチトップギター制作時には、
この受けジグもとっても重要です。
いろんなサイズにも対応できるように・・と、
すこし大きめに作ってあるジグです。

シックネスゲージで、アーチトップ部分の厚みをしっかりと調べます。

このように、かなり細かく厚みをチェックしています。
最終的には、カンナとサンダーで微妙な厚みに調整していきます。
すでに10年以上、使い続けている四方反りカンナ、
このカンナで、多くのアーチトップギターを作ってきました。
こんな感じですね。
おしり側から、アップで見たところ・・・。
トップライトで、アーチの凹みかたを確認。
さらにシックネスゲージを使って
トップボードの厚みを決定していきます。


 


HOME Shozi! contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.