HOME
 Shozi! contents  NEXT


8/センターブロック&ネック勘合部の制作

 

おっ?オーナーの希望により
このようにヒールとエンドのブロックをつなぐように
センターブロック?のようなものを入れる事になりました。
素材は、前後ブロックと同じマホガニーですね。

どのくらいの効果が出るのかは、未知数ですが
ハウリング対策には効果的ですね。
それと音の締まりが良くなることが想像されます。

あまりごつくしすぎても、フルアコの「箱」音がなくなってしまいそうですし、
かといって華奢な形状だと、入れる意味も薄れてしまうし・・・
ということで、サイズ的にはかなり悩みましたが
前後ブロックをつなぐというイメージで、このサイズに落ち着いたわけです。

サイズを微調整します。

こんな感じですね。

裏側から見るとこんな感じ。

厚みは、このように調整しました。

接着する前に、サンディングバーで
前後のブロックの高さを揃えておきます。

これは、前後ブロックと、サイド部の周囲の高さが
揃っているかチェックしているところ。

最終的にぴったりと長さが合うように
スクレーパーなどで最後の微調整をしている所ですね。

仮組みの様子。
良いようですね。

では、最後の仕上げは、サンディング。
特に裏側は、裏のボードを接着してしまうと
手が入らなくなってしまうので、今のうちに仕上げておきます。

ひたすら、ゴシゴシ・・・ですね。

・・ということで・・・接着!
はい、半日後・・・・接着完了。

ストレートチェックをしている所です。

トップボードを当ててみたところ。
こんな感じでボディの中に収まるわけですね。

もうすこし、サンディングしておきましょう・・・。
なんとなくブレースを調整している気分になりました。
で・・・ご覧の通り。

さ、次は・・・・・
ネックエンドの勘合部の制作です。
まずは現物製図をして・・・・

こんな感じですね。
この部分は、いつも手ノコでゆっくりと切っています。
非常に慎重に作業しなくちゃならないので・・・・
電動工具では、精度的に不安なんですよね。
いつも同じサイズなら、ジグを作っておくという手もありますが
毎回微妙にサイズが違うので、それもかないません。
結局、地道に手ノコで・・・が、イチバン効率が良い・・ということになってしまうのですよ。
はい、ゴシゴシ・・・・・・

ということで・・・・
勘合部の原型が出来ました。
全体的に0.5〜1mmほど大きく切り出してあります。
ここから調整してボディ側とぴったり合わせるワケですね。

別角度から・・・・こんな感じ。
エクステンション(継ぎ手)はこのように配置されます。
継ぎ手部分とのストレートチェック。
すこ〜しだけサンディングします。
はい、綺麗になりました。


 


HOME Shozi! contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.