HOME
   MENU



友人のベーシストから、サドルの高さを調整してほしい・・・ということで
ストークにやってきたStaffordのリゾネートギター。
ボディトップ・サイド・バックにいわゆる彫金細工のような装飾が入り
なかなか面白いギターです。
クロサワ楽器のHPも見てみたのですが
このタイプは見あたりませんでした・・・。

実はこのギター・・・・
品番がどこにも記されておりません。
ひょっとして私が見つけられなかっただけなのかもしれませんが
従って、このギターのスペック等を調べようと思ったのですが
結局、同じタイプのモノを見つけることが出来ませんでした。
なかなか重厚な装飾ですね。
ま、重量も・・・結構ありますけど・・・。

ヘッド部分です。
けっこう細かいインレイなども入っており
かなり手の込んだギターです。

そもそもの依頼が、この現高の調整。
この写真の状態で、約4.0mm程あります。
ま、かなり高いですね。
一般的なアコースティックギターは、
私の場合、 だいたい2.8mm〜3.0mm くらいに調整しますので
それに比べると、なんと1mmくらい高い・・・・
とはいえリゾネーターギターの場合は、
弦高をどのくらいを目安にしていいのか、よく分かりません。
スライドをするから・・・とはいえ、
普通のピッキング奏法も行うわけですので・・・・
どう考えればいいんでしょう?
一般的なギターと同じにすればいいのかなあ?
どなたかご存じの方がいらっしゃったら
教えていただけると嬉しいです。

で、とりあえずリゾネーター部分の
サドルカバーをはずしていきます。
アコースティックギターなのに、ビスだらけ・・・
なんだかエレクトリックギターをばらしてるような気分です。

サドル調整のため、弦を緩めると
このように金属製のテールピース部分から弦が外れました。
ここらへんは、アーチトップと同じ雰囲気ですね。

ありゃりゃ・・・
弦がゆるんだ瞬間に、ナットもスポッと外れてしまいました。
しかも、ここにもシムが入っていました。
(元に戻すとき、このシムも取り去ってしまいましたが・・・)

で、サドルを取り出したところ。
エボニー材にmicarta材(古いFender系のギターに
使われていた合成素材ですね)が接着された2ピース形状です。
コーンカバーをはずしていきましょう。
10箇所(?)くらいにしっかり止めてある
ビスをはずしていきます。
はい、コーンカバーが外れました。
このコーンカバー、なんだか蒸し器の中フタみたいな・・・・
さらにこのアルミ製のコーン・・・
指の先で軽くタッピングすると、良く響くんですね、
これは驚きました。
このコーンの形・・・なんていうか・・・
そうそう、火で炙ってはじけるポップコーン・・・の
上のフタ(火で炙るとここがドンドンふくらんでいく)みたいな感じ。
で、サドルの溝をよく観察したら
な・なんと・・・・
プラスチック製のシムが2本も入っていました。
しかも、その1枚はかなりの厚みです。
よーするに、自分で弦高は調整してね・・・
ということなのでしょうか・・・。
ま、いずれにしてもこのシムを取り外すだけでも
かなり弦高が下がりますので、とりあえずサドルの加工はやめて
シムのみを取り去ることにします。

せっかくここまでバラしたのだから
ついでに中も覗いてみましょう。
コーンは置いてあるだけ。
指でつまむと、スッと外れます。

おお!
スチールボディには、似つかわない木材。
思わずなんじゃこれ?・・といいたくなる程の
「ただの木材」です。
コーンを受けている・・というモノでもないし・・・
う〜ん・・・・・・
いわゆるブレースのような役目を果たしているのでしょうか?

カメラをボディの中に潜り込ませて・・・・みると
これはネック側ですね。
ボディバック側に足をつけて、塊柱のようになってますね。

で、これがエンド方向の写真。
「ただの木材」は、ボディのヒールとエンド部分まで伸びて
ボディ全体を縦に突っ張っているような形状で
入っているのが分かります。
ボディの中を見ると、楽器じゃなくてバケツとかタライのような
金物商品のようですね。

表面の彫刻は、なかなか手が込んでいますねえ。
もちろん手彫り・・じゃないでしょうが
かなり細かく彫り込んであります。
木製のネックですね。
なんだかホッとする写真です。
この写真の前までは、アップにすると楽器なのか?
と思うくらい、ギターに似つかわしくない絵だったので。
これはマホガニーですね。
ネックのエンドとヘッド裏の色が濃く着色されていて
アーチトップのサンバースト着色のようですね。
(ま、もっともそのアーチトップも、バイオリンや
ビオラなどのような、クラシック楽器から全体の色や
形状を、下敷きにしているのですが・・・)
とりあえず弦高を落とす・・・という目的は達せられたので
ボディでも磨きましょうか。
友人曰く、このギターは「新古品」ということなのですが
若干ボディ全体に「曇り」が出ていますので
全体をコンパウンドで磨いていきます。
いやあ・・・・・
これだけ面積が広いと磨き甲斐もありますねえ。
磨いた後はご覧の通り。
かなりピカピカになりました。
で、先ほどのシムをノギスで計ってみると・・・
0.88mmもありました。
つまり2枚入っていたので、1枚が0.44mmということになりますね。
0.44mmということは、コピー用紙4枚分。
それが2つだから・・・かなりの厚みですね。
ちなみに、私がFender系のボルトオンネックに入れるシムは
だいたいコピー用紙4枚分の0.4mmですが
ここに入っていたのはその倍の厚み。
・・・ということは、約4.0mmの12フレット弦高が
どんぶりでいうと、約3.2mm弱下がったということになります。
じゃ、元に戻していきましょう。
ひたすらビスを締めていくだけ・・・・。
ん〜・・・・
何をしている所の写真なんでしょう?
よく覚えておりません。
で、あらためて弦高を計ってみると・・・・
12フレットの6弦で、約3.1mmになっていました。
ま、許容範囲ですね。
もしコレよりももっと低い方がいい・・・ということならば
その時は、あらためてサドルを削ることにしましょう。
で、スライドの音を楽しみながら・・・・・・
やはり音量は、圧倒的に大きいです。
このようにワークテーブルに置いた状態で弾いても
かなりの音量が出てきます。
やっぱりスチールボディってすんごい・・ですね。
・・・ということで、あっさりと終了。
今まで見たことがなかった、スチールボディのリゾネーターギターの
内部を覗けたことは、大きな収穫でした。
また、変なギター持ってきて楽しませてちょーだい、SHOちゃん。
(ちなみに、この友人のSHOちゃんは、ビザールなギターを見つけちゃあ衝動買いをしてくる、
名古屋で老舗とも言える、有名なオールマン系バンドのベーシストです。)


     


HOME   MENU

Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.