HOME
 Takenaka Steel contents  NEXT


13/完成前の調整

 

いよいよ、完成直前です。
まず、ブリッジを接着していきましょう。
クリアの下になってしまった、マスキングテープを取り出します。
クリアとマスキングのギリギリの所を狙って・・・カット。

あ、そうそう・・・
ボディの他の部分は現在どうなっているのか・・というと・・・
まずネック裏側ですね。
ここは竹中さんの要望で、演奏性を考慮し
サテン仕上げ(半ツヤ)になっています。

ボディのバック&サイドは、バフがけ終了。

ヘッド表もこのようになっています。

さ、ブリッジに戻って・・・・
ブリッジ位置のマスキングを剥がしました。

ついでに・・・・・
指板のマスキングも、この時点では必要ないので剥がしましょう。

これは・・・と・・・・
ブリッジの中にある「丸」部分に入れ込むアバロンを
切り出すところですね。

アバロンの切りだし完了。

ブリッジにはめ込むと・・・・
こんな感じになります。
なかなか渋い!雰囲気になりました。

ブリッジの所定の位置に置くと・・・・
ふむふむ、やはり、このギターには、このブリッジのデザインが似合いますね。

これはアンダーサドルタイプのピエゾピックアップです。
ピックアップシステムは、前回のナイロンギターと同様の
FISHMANのMatrix Infinityというタイプを使用しています。

ブリッジの接着ですね。

サウンドホールが変則な形状なので、
こんな感じにクランプが端っこに寄ってしまいました。

翌日の写真です。
ブリッジの取り付けも終わりましたので、
もう、ほとんど完成目前です。
これはピックアップシステムの、
音だしのチェックをしているところですね。

エンドピンジャック部のプリアンプ部を
所定の位置に持ってくるための
シールドケーブルを加工した作業ツールです。

はい、このように無事エンドピンジャック部が収まりました。

む〜〜〜
じつは・・・このロッドカバーに少し「遊び」も入れちゃいました。

分かりずらい・・・かなあ・・・・
実はこれ、あの「はやぶさ」なんです。
そ、地球に戻ってきた・・・・・
今回、指板が太陽系デザインに決定したので、
どこかに入れようと・・・・ずっと考えてました・・・・

こんな感じにインレイされるわけですね。

磨き終わった指板に椿油を塗り込んで行きましょう。

次はナットの作業ですね。
まずはフレット位置をだします。

半割れ鉛筆の下に厚み0.6mmの定規を敷き
ナット溝の下限位置を出します。


で、最後に1mmの定規を敷いて
ナット上面のカットラインをマーキングします。

はい、このように3本のラインがマーキング出来ました。

ボディ前側に向かって、なだらかにカーブを描くように・・・。
ナットを端材に両面テープで貼り付け、
ベルトサンダーでゆっくりと削っていきます。
薄刃のノコで、弦道にアタリをつけていきます。
このあとナットファイルでナットの「溝切り」をするわけですね。
はい、溝切りもおわり・・・・・・
ナットが完成しました。
続いて・・・・・
サドルの高さ決めです。
1フレットと12フレット位置の下に、
弦高分の厚みを設定し、その上にスケールを当て
サドルのおおよその位置を決定します。
その位置より、少し大きめにサドルを切りだし、
ここから少しづつ追い込みながら
サドルの高さを決定するわけですね。
はい、サドルのトップ部分も仕上げて・・・・
こんな感じになりました。
どんどん行きましょう。
ペグの表側に取り付くブッシュを打ち込んでいるところですね。
はい、例の・・ハヤブサが入ったロッドカバーが出来ました。
家具用ワックスで磨いて仕上げています。
ペグも取り付け・・・・とうとう完成しました。
次ページは完成写真ですね。


 


HOME Takenaka Steel contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.