HOME
 Takenaka Steel contents  NEXT


7/ネック加工・指板・トップボード接着等

 

ネックヘッドの加工です。
トリマーテーブルでヘッドをトリミングしているところ。

はい、このようにトリミング出来ました。

竹中スペシャルならではの??・・・
ヘッドに穴開け。
これは何?・・・といわれても答えづらい・・・・
よーするに・・・・・デザイン・・・ですね。

はい、このように穴が開きました。

次に、テノン部の加工です。
ここは、いつものように手ノコでカットして行きます。

約1mm弱、大きめに切り出してあります。
これから少しづつ削り込んで
ボディにぴったりはまるように加工していきます。

ボディ側の勘合部をルーターで加工しているところ。

このようになるワケですね。

サンディングしながら、ここまではまり込みました。
写真だとあっという間ですね。
しかし!・・・・・
上の写真からこの写真までは、半日以上、経過しています。

ボルトによるネック固定は、前回のナイロン竹中スペシャルと同じです。

このボルトと接着剤によるネックの固定は、
非常に強固で、ボディとネックが完全に一体化するイメージです。
ネックの振動が、しっかりとボディに伝わって来ますので
弦の一音一音が、非常にはっきりと立ち上がります。


このようにボルトの受け部をネック側に取り付けて・・・・

5mmの六角ボルト2本で、ボディとネックをガッチリと固定します。

ボディとネックが、きっちりと固定できる事が確認出来たので
ボディのバックボードを接着していきます。
はい、半日後・・・接着完了・・・・。
バックボードがはみ出ている部分を
トリマージグでトリミングしていきます。

はい、バックボードのはみ出ていた部分のトリミング終了。

次は、フレット溝加工ですね。
まずは・・・・・
フレット用の刃が付いた丸鋸盤の
刃の出幅を調整しています。
3.7mmですね・・・。

スケールのジグを指板に固定して、

ジグ台を前後に動かせば、
どんどんフレット溝が切っていけます。

この写真じゃ、なんのことだか・・・・
さっぱり分かりませんね・・・。
このフレット溝切りのジグ説明は、
映像じゃないと分かりませんね・・・。

と、いうことで・・・・・
フレット溝切りが終了。
時間にして、1分・・・くらいですかね。

指板をネックに乗せてみたところ。
トップボードとネックの関係は・・・・
このようになっています。

指板左右のカッティング風景写真が行方不明です。
あちこち探しましたが、見つかりませんでした・・・ので、
いきなりで、すんません。
指板の接着工程にワープしてしまいました。
写真は、仮クランプの風景。
この状態で10分・・・放置・・・
10分経過後、はみ出ている接着剤を綺麗に取り去り・・・

さらに指板の位置固定用の極小釘も、
この10分経過時点で取り去っておきます。
で、、これが本クランプですね。
この状態で半日・・・・・
さ、つぎはトップボードの接着ですが、
その前に・・・・
バックボードとサイドの内側に、シェラックを塗り込んでおきます。
これは、おもに防湿を考慮した作業ですね。
じゃトップボードを接着していきましょう。
まず・・・・トップボードの内側に・・・サインを入れて・・・
接着していきます。
もう、ここからは、待ったなしですね・・・
とにかく時間との勝負!
えいやっ!・・・・・
ということで一気にクランプ!
この状態で1日放置!
翌日です。
ボディとネックが揃いました、
いよいよ作業も大詰めに向かっていきます!


 


HOME Takenaka Steel contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.