HOME
 Takenaka Steel contents  NEXT


8/ボディバインディング

 

さ、ボディが「箱」に なりましたので
次はバインディングですね。
バインディングのトリミングジグで溝を掘っていきます。

バインディングとパフリングは、いずれも木製、
ボディを製畏敬する行程のなかで、
この木製バインディングは、一番のヤマ場になりました。

バインディング&パフリングの溝は、
こんな感じにカット出来ました。

はい、いい感じですね・・・。

トップ側も同じです。
ただ、トップ側は、スプルース材なので
「けば立ち」が裏面よりきついですね。
パフリングが収まる部分は、
この時点でしっかりと「ケバ」を落としておかなければいけませんね。

バインディングの前に・・・・
そうそう、エンド部分の装飾・・・・
前回でも制作した矢羽根模様のエンドトリムを作っていきます。
まずは、サイド材の端材をこのように斜めにカットして・・・

ブックマッチする部分をしっかりとサンディング。

で・・・・・このようになるワケです。
おおっ!見事な矢羽根模様!

で、これを接着します。
このように一方を固定し・・・・・
もう片方の接着する側に、このような「クサビ」を用意・・・

接着時に、クサビを打ち込んで矢羽根の両方を
しっかりと密着させるわけですね。
なかなか言葉では説明が難しいです・・・・ね。

はい、というわけで・・・・矢羽根の装飾板が完成。

接着が完了したら、しっかりとサンディングして・・・

カットします。
カットの幅は、ま、それぞれ・・・・・
製作者の「好み」・・・になりますね。
はい、こんな感じに出来ました。
カットした矢羽根板の寸法をボディエンドに写し取って・・・・
薄刃のノコでカットして行きます。

ノコの切り込みが終わったら、
このように、ノミで矢羽根板の板厚分だけザグッていきます。

こんな感じで収まるワケですね。

はい、矢羽根部分の準備が出来ましたので
トップ&バックのパフリング&バインディング作業を進めましょう!
まずはパフリングから・・・・

先程のトリミングで毛羽立ってた部分は、綺麗になっています。

で・・・接着・・・・

む〜〜〜
写真が小さいので、ちょっと分かりづらいですね・・・。
ま、一応・・・パフリングの接着が完了しました。

バック側も同様ですね・・・。
表よりは、少ししっかりと確認出来ますね。
はい、難関の木製バインディングです。
今回は、フィギュアードメイプルを使用しましたが
とにかく、木製バインディングは・・・気をつけないとポキポキ折れます。
このようにベンディングアイロンで じっくり曲げても
アールのきつい箇所などは、やっぱりひび割れるます。

ま、今でこそ、私は折れなくなりましたが・・・・
いままで何回「割ってきた」のか・・・・・
ほんと、それくらい・・・・木製バインディングは
気をつけて作業しなくてはなりません。

はい、グダグダ言っているうちに
バインディングが曲げ終えました。

裏面ももちろん・・・
プラスチック製のバインディングと違い、
「反発」が大きいので、このようにアールのきつい箇所などは
クランプなどでしっかりと押さえておくことが重要です。
はみ出ているバインディング材を、すこし大きめにカット!

表側も・・・・・
しっかりとクランプしております。
も、裏面もバインディングテープでベタベタ・・・ですね。


 


HOME Takenaka Steel contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.