HOME   Yokosuka jiji special Contents  NEXT


17/ボディ磨き&ハードウエア

ボディの最終磨き工程である2000番までやって来ました。
俗に言う、水研ぎですね。

ボディからネックまで、全体を2000番で磨き
マット(つや消し)状態にします。

バフで磨いております・・・・というか
これはヤラセ写真。
バフの最中は、写真など撮っているバヤイではありません。

で・・・・
磨き終えたところですね。

ネックもこのように・・・・。

アップにすると・・・・

このような細かくいりくんだ部分は、
バフが届かないので、このように綿棒にコンパウンドをつけ
地道にチマチマと磨いて行きます。

ということで、ボディ〜ネックの最終磨きが完了。

次は、ハードウエアを取り付けていきましょう。
これはBABICZ(バビッツ)のブリッジとテールピースですね。

ペグ穴には、コンパウンドカスが残っているので
120番のペーパーを丸めて、このように棒状にして
ぐりぐりと穴を掃除していきます。

はい、穴掃除完了。
あとはペグを取り付けるだけ。

指板のマスキングも取りました。

指板のフレットエッジ部分にも、
クリア塗料が乗ってますので、
この部分もきれいに掃除しました。
じゃ、ブリッジとテールピースの取り付けです。
まず、ブリッジとテールピースのアンカーを打ち込みます。

トンカチで打ち込みますが
最終的には、このようなレンチの頭を使って
慎重に打ち込みます。

はい、ブリッジとテールピースのポストも無事完了。

とりあえず、角パーツを仮置きして見ましょう。
こんな感じになるわけですね。
すべてがゴールドパーツなので、ちょっとビカビカ?に
・・・と思ったのですが、意外や意外、なんと上品なスタイルに・・・。

たこ糸を張ってピックアップの位置決めをしている所です。
1弦と6弦の位置にポールピースが来るよう、微妙にピックアップを動かして 位置を決定するワケですね。

次にペグの取り付けです。
しかし、このスパーゼル・・・配色がかっこいいですねえ。
一見、アンバランスな色調に感じますが
どっこい、この奇妙なマッチングが、実にかっこいいのですよ。

はい、ペグの取り付け完了。
いいですね。

ポット等も仕込んでいきます。
このAlessandroのポットは、ハイエンドポットとして
多くの一流プロに使用されているモノですが
しかし・・・値段が、超高い。
日本国内だと、1個¥6,000以上もします。
ま、でも、音が出た時は、な〜るほど・・・と思えるほどの
音になりますので、その金額にあたいする価値はあるかもしれませんね。

さ、次はメンテナンスポケットのフタですね。
裏側に銅シートを張り詰めます。

はい、出来上がり。
で・・・・・
ストークのラベルを貼り込んで、フタは・・完成。
でメンテナンスポケットの中身は・・・・・・
こんな感じになるわけです。
銅シートでシールディングして、隙間をハンダで埋めた状態が、これ。
キャパシターもオーナーチョイスのこだわり。
シールド金具も取り付けて・・・・
音だしテストですね・・・・。
はい、OK。
ポットや3点トグルスイッチも取り付けて
おおっ!ギターになってきました。
ネック側から見たところ。
さ、いよいよ次回は最終回。


 


HOME
  Yokosuka jiji special Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.