HOME



リペア関係のページはココです。
リペア作業は沢山あるのですが
多すぎて、とてもココでは、紹介しきれないので
代表的なモノで、さらには、かぶらない内容のリペアを掲載しています。
ま・・・時々差し替えする事もありますので・・・ご容赦を。



あの辻四郎氏のギター、テールピース交換、完成!
辻 四郎氏といえば、ディ・アンジェリコスタイルのギター制作家で有名な方ですね。
もともとはあの「茶木ギター」でアーチトップを制作されていた方です。

今回のお題は、金属テールピースから木製テールピースへの換装のご依頼です。
ディ・アンジェリコ〜ダキストのスタイルを踏襲したギターなので
今回のテールピースは、ダキストのイメージにしてみました。

オリジナルのD'Aquisto NewyorkerとL-5のリペア!(本物ダキストですよ!)
アーチトップ好きにはたまりませぬ!
非常に貴重な2本のギターがストークの工房にやって来ました。
しかも2本とも同じオーナー所有、何とも羨ましい限りです。

今回、リペアの依頼は、エンド側のトップボード、センターのブックマッチ部分が
ぱっくりと割れてしまっており、それの修復を・・・ということで
ストークにやって来ました。

さて、もう1本は1955年製のL-5です。
これまた貴重な個体ですね。
このギターも、ピックアップをデュアルモンドに換装されていますが
ピックアップのポールピースと弦道が、上手く合っていないので
その帳尻を合わせるように、ピックガードの加工を・・・という依頼です。

TEISCOの輸出ブランドDelReyのギターをリペアしてみた!
じつは、私もその存在を知りませんでした。1960年初めに、あのTEISCOが輸出用のオリジナルブランドで
、さかんに海外へギターを輸出していたことを・・・。
その名前は「DelRey(デル・レイ)」。調べて見て分かりましたが、
かなり様々なモデルを海外に送り出していたようです。恐るべし!TEISCO。
ということで・・・その一つがストークにやって来ました。ピックアップの交換なんですが・・・、
しか〜し、すんなりとは作業出来ない・・・ので、なははのメイキングになっちゃったわけですね。

Staffordのアコギに、コンタクトタイプのピエゾPUを取り付け
比較的簡単な、ピエゾピックアップをアコギへ取り付けるメイキング。
ほんとに難しくないので、チャレンジして見てください。

Gibsonのベース、Thnderbirdのネック折れリペア
ファイアーバードのベース版、サンダーバード!。2011年の東北大震災の時に、
倒れてネックが折れてしまったそうです。症状は、比較的単純なネック折れの症状。
かなりネックが細いので、リペア後も少し心配しましたが・・・大丈夫でしょう。
と思ってたら・・・な、なんと、とんでもない状況が発覚!エライ事になりました。

STAFFORDのリゾネーターギターの弦高調整
とはいえ・・・じつは、「調整」をなにもしなかったリペア。
ただ、スチールボディのリゾネーターギターの内部を見たりするのは
そうそう、機会があるワケじゃないので、あえて掲載しました。
なかなか・・・・・面白かったです。

Fender JapanのTelecasterナット交換とノイズ対策
随分昔のFender JapanのTelecasterのナットが割れたので修理依頼が入りました。
ついでにひどいノイズなので、コレも治してほしい・・・とのこと。
難しいリペアではありませんので、
同じ内容で自分でも治してみたい・・という方は参考にしてみてください。
やってみると・・意外と・・・できるもんですよ!

ALEXさんのLespaul再生!
完全ぽっきり状態のネックは、新しく新調しなくちゃいけないし・・・・
残っているのはボディと若干のハードウエア・・・。
ま、ほとんど新規制作に近いですが・・・・
というくらい・・・気合いが入るALEXさんのLespaulの再生!

Fender1970年代のJAZZBASSリペア
どうしようかと迷ったのですが、ま、こうした単純リペアもアリかも?と思い
アップしました。とくに難しいことは何もしておりません。
ベーシストが自分のベースをリペアする・・・というレベルで可能なリペアです。
JAZZBASSのピックアップやペグを交換したいなあ・・と思ってるベーシストに。

SG再生計画
シリアルナンバー040××1というとんでもなく古いSG。
もう、コレがあちこちガタガタ・・・。で、こうなりゃトコトン再生するべえ!

ネックが折れたら、こーして直そう!
単純なネック折れは、意外と簡単に直るモノなのですよ。
ネックが折れてしまって、捨てる事も出来ない・・・というギタリスト。
こんな感じで直してみてはいかがでしょうか?

 
 






HOME

Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.