HOME  TOP MENU  


【2009.10.22記】

昨年末からの不況・・・・
私の担当する業種も、まさしく、その不況の嵐に飲み込まれまして・・・
も、仕事が・・・・・・ない!(あちゃ〜)
・・・なんて状態が、ずーと続いておりました。
で、「こんなにヒマなら、いろいろ作れるな・・・なははは」
・・・なんて、笑ってるばやい・・じゃないんですが・・・
ま、そこはそれ・・・
いーかげんなこーのですので、営業まわりなどもしながら
ぼちぼち仕事も消化していましたが・・・、
なんせ、ピ−ク時に比べれば1/3くらいの仕事量。
も、ぜ〜んぜん、たいしたことない!
・・っってんで・・・・
作っちゃったんですねえ・・これが・・・。
(ちなみに、私はフツーの人の、3倍は働く事が出来ると自負しています・・いや、ほんと)
だから、普通のペースで仕事が進んでいるなら
もう、これは「ヒマ」状態になっちゃうわけですね。
・・・・・・・・な〜んて、言い訳してもしょーがないので
その「ヒマ」な時期に作った模型などを、ご披露・・・です。
しかし・・・・
分かんない人が見たら、やっぱり「ヒマやね〜・・・」と
言われそうな内容ではありますが。


じゃじゃ〜ん!フジミ模型の1/350、戦艦長門。
なめてかかると、オーヤケド・・・になること間違いなし。
私は、おもにクルマとバイクがメインなのですが
こーした、メカニカルな艦船模型も嫌いじゃありません。
とはいえ、こーした領域に踏み込むと
もう、抜け出れないほどにふか〜い「アヤ」がありますので
なるべく手を出さないようにしてきたのですが・・・・
(あ、ヒコーキ・・も同じね)
しかし、最近の艦船模型・・って、すごいですねえ・・・
調べてみて、もう、ビックリしました。
いや、ほんと。
こりゃ1/43と、いい勝負ですよ・・ここまで細かいと・・・。



と、いうことで・・・
不死身模型・・・ちがう!
フジミ模型の1/350スケール・・・
戦艦長門です。
このキットを購入する前は、いろいろ悩みました。
リンクしている「すっぱのHOBBY」さんにも
記されていますが、エッチングパーツが・・・
別売りであるんですよ・・・
とにかく、いわゆる「グレードアップパーツ」が
正規品だけじゃなく、サードパーティにでもゴロゴロある!

ま、以前からそれとはなしに・・知ってはいたのですが。
(CSTVの「プラモ作ろう」でも、いろいろ出てきますよね、
一応、私は鉄道関連の番組。プラモ関連の番組、
それと「職人の道具」などなど・・・すべて
録画して、たいていの放送は見ております)

ま、説明もクソもないので・・・・
見たまんま・・・と言うことで・・・・

こうしたアンテナ線などは、釣り道具屋さんへ言って
かなり細いカーボンテグスなどを、捜して購入してきました。

この戦艦長門の、エッチングパーツ(別売り)は
そーとう細かいですね。
煙突周りとか、手すりとか・・・・
相当、気合い入れないと
とても作ることは出来ないと思います。

1/350の水兵さん・・・・
も、ここまで来ると、ホントに米粒にお経・・状態です。
高さが2〜3mmしかない、水兵の人形に色を差して
行く作業は・・・・もう、サンズノカワラ・・・に
近いかもしれない・・・。
たった2〜3mmの人形に、白、肌色、マットブラックの
3色を塗装する・・・しかも、300体以上・・・
も、バカですね・・ここまで来ると。

 

艦橋の内側などは、きっちりマットホワイトを
塗ってあります。

 


いま思えば、よく作ったなあ・・・という心境ですね。
でも、また何年かすると・・・
「米粒にお経」・・を、書きたくなるかも・・・
ま、これは、ある意味・・・ビョーキですね。
なははははは・・・・
 
 
この複葉機は、人差し指の先くらいの大きさしかありません。
ま、1/350だから当然と言えばそれまでなんですが・・・。
ちなみに水兵さんは、人差し指の上に
約10人くらいは並びます。

サーチライトは、東急ハンズで購入した
手芸用の模造クリスタル・・
スワロフスキー(・・だったっけ?)を
購入して、ピンバイスで口径をぴったりにして
埋め込んだモノです。

 
ま、ヒマなときは、こんなモノも作ってたんだ・・
ということで・・・・・・・・

おいおい!
艦船模型だけじゃないの?
なははは!・・・ヒマな人は、も、何でも作りたくなる・・という
節操なき人生の縮図を、ここに公開!


いやあ・・・
1/50の日光東照宮の陽明門ですねえ・・・。
この模型は、ウッディージョーという会社の製品です。
(その他アートモデル・・という会社も、精度の高い
建築模型を販売しておりますね・・・)
このウッディージョーと言う会社は、
昔むかし・・・今井模型という会社がありまして
そこが倒産(だったっけ?解散・・だったかな?)したとき
そこの関連の方々(社員だったか、下請けの方だったか・・は
あまり詳しく覚えておりません)が、
ウッディージョー・・という会社を立ち上げ、
こうした木製建築模型や、木製帆船を販売しています。
もちろん精度は、今井模型時代より格段にアップ!
アガチス材やシナベニア系・・・
そのほかヒノキの造作材とか、
ベニアのレーザーカットパーツとか・・・
そして金属パーツも豊富です。
ただ、塗装の説明が、わりといー加減なので
慣れてない方は、ちょっと金属パーツの塗装に
とまどるかも・・・・

 

これは側面からの写真ですね。
 

全体は、か〜なり細かくパーツを組み込んで行きます。
仕事の合間を見ながら作りましたが・・・・
ん〜・・・・・・
4ヶ月くらいかかったかなあ?

ま、いずれにしても、「ヒマやね〜」と言われそーな
模型製作でありました。
(じつは、このほかにもディアゴスチーニのC62・・という
1/24の蒸気機関車も同時進行していたのです。
(ありゃ〜・・・)
もちろん、すでに完成しておりますが、
なんせ、重くて、でかくて、置き場所がない・・・
写真を撮る・・のも、ひーひー言わなきゃいけないくらいの
大きさ(全長1メートルくらい・・)なので
今回は、写真を断念しました。
作ったはいいが・・どこに置くのっ!・・と
嫁のきつ〜い1発にへこたれて・・・
ヤフオクにでも・・出してみるか・・・なあ、
なんて思ってる今日この頃です。


HOME  TOP MENU 


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.