HOME
  NEXT


3/フレット・オーバーコート



ネック削りの最終工程ですね。
ここまで120番などでネックの形を整えてきましたが
ネックの成形自体は終わりましたので、
ここからは磨きの工程です。
まず240番でネック全体のケバを取り・・・・

塗装前の行程では、400番でしっかりと磨いておきます。

はい、コレで、ネック自体の磨きは終了です。
あとは塗装のみですが、その前に・・・・

フレットを打っておかなくては・・・・。
ストレートを出しているところですね。
これは120番・・・かな?

フレット溝も、もう一度掃除をしておきましょう。
ノコで軽く溝を切り出して・・・

この写真は400番ですが、
最終的には800番まで磨きます。

8000番まで磨いたら、
フレットを打つ前に椿油で指板をコーティング。

指板の油分をしっかりと乾かしたら
フレットを打っていきましょう。

今回は、ハンマーで打ち込むのではなく
このようにフレットプレスでフレットを打って(?)いきます。

はい、フレットが打ち終わりました。

はみ出ているサイド部分をカットして・・・・

サイドのエッジ部を斜めに削っているところですね。

次に、サイド部分のめくれ(バリ)をヤスリで滑らかにします。

最後にダイヤモンドヤスリで仕上げます。
このエッジ部分、
最終的には、800番〜1200番のペーパーで綺麗にしますので、
現時点では、このダイヤモンドヤスリで行程で終了。

次にフレットの摺り合わせです。
摺り合わせをしていない現状では、
このように0.03mmのシムが入ってしまいます。

240番のペーパーとアルミの角パイプで
フレットを擦り合わせています。
その後、400番でフレット上面をきれいにしておきました。

で、サイドのフレットと指板の間に出来た隙間の埋め作業ですね。

接着剤とエボニーの粉で隙間を埋めたら
240番〜400番で仕上げておきます。

さ、じゃクリア塗装行程に入りましょう。
ネック以外は、完全マスキング状態ですね。

裏側は、こんなになってます。

で、クリア前に気がついたのですが、
やはり、オリジナル部分と削り込んだ部分の
黄みがかった色の段差が気になりますね

と、いうことで・・・・・
結局ヒール部分まで、オリジナルの塗装をすべて剥がしました。
上の写真からこの写真まで半日近く経過しています。
次に「色合わせ」ですね。
シェラックを塗り込んで、
オリジナルの色と合わせて行くことにします。
シェラックは、淡い色のモノから試しましたが
結局、この濃い色のもので行くことにしました。
シェラックを塗布したあとのヘッド部分・・・。
オリジナル色のヘッドからけずりこんだネックへと、
自然な感じでつながっていますね。
で・・・・・・
これは3回目のクリア後の写真。
クリア塗布→サンディングを繰り返して
ココまで来ました。
とりあえず、じゃまなマスキングを剥がしておきましょう。
こんな感じです。
この状態で、2週間ほど乾燥させておきましょう。
最終の磨きはそれからですね。


 


HOME


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.