HOME
   TOP   NEXT


2/テールピース成形(その1)



まず、弦通しスペースのザグリ用のジグを作ります。
MDF材を加工して・・・・

コレがザグリ窓のテンプレートですね。

このザグリ部分は、最終的に貫通させてしまうので、
とりあえずドリルビットでズボズボ穴を開けておきます。

ザグリ窓のテンプレートを貼り付けて・・・

トリマーで、一気にトリミング。

じゃ、テールピース材をに加工していきましょう。
エボニー材ですね。
裏表の表面は、すでに平滑を出してあります。

製図を貼り付け・・・・

製図に合わせてテンプレートを装着、
一気にトリミングしていきます。


はい、トリミング終了。
このような状態になります。

次に・・・・
コレはテールピースのエンド部分の斜めカッティング。
写真ではわかりにくいですが、
かなり大胆にななめってます!

テール部分、こんな感じに出来ました。

もちろん、切り出した後はサンディングで綺麗に。

つぎは、弦が通る弦穴の穴開け作業です。
いやあ・・・・コレは緊張する作業ですね。
弦間、弦穴の上下・・等の位置決めは、
すべてこの行程で決まってしまいますので・・・。


弦穴位置をマーキングし、
この写真は、そのマーキング位置にポンチでさらにしっかりとマーキングしている所。

垂直にドリルビットが降りているか?
どう?・・・・・・
ということで、このように垂直なども確認して
さきほどのマーキング位置に穴を開けていきます。

これは、同様に・・・・
エンド部分のファスナーが通る部分の穴開けですね。

このようにファスナーが通るわけです。

次は、このファスナーが通ったとき
ナットで固定しなくていけませんので
その、ナットが収まるスペースをザグッていきます。
まず、ビットのトリミング幅を決めます。
約20mm弱に設定しました。

テンプレートをテールピースに固定して、
いっきにトリミング完了。

こんな感じになるワケですね。

ファスナーを通して見たところ・・・。
イイですね・・・・・。
ヘッド側は、こんな感じ。
1弦と6弦は少し位置を下に下げてあります。
さ、ダキスト・・・風のデザインで・・・
ということで、若干厚みは「本家」より厚いですが
(テールピース固定が金具で刃無く、ファスナー仕様になったため)トップのイメージを形成していきます。
だいぶ出来ましたね・・・
こんな感じに仕上がります。
これは、120番・240番・400番・600番・800番でサンディングを終えた所。
で、さらに1200番でサンディングし、
その後、家具用のワックスを塗り込みました。



 


HOME    TOP


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved