HOME
   TOP   NEXT


4/仕上げ〜完成!



さて、テールピース本体も、
最後に家具用ワックスで磨いておきましょう。

コレは弦アースの線を、
エンドピンジャックのアースに落とすために
ボディ内部に引き込むための穴を開けているところです。

前のページで、金属プライマーを吹き付けた弦ストッパーも
仕上がったので取り付けます。
弦アースの線をテールピースのエンドに
引き出しているところですね。

溝に這わせたアース線は、
ずれてこないように、黒いテープで止めておきます。

先ほどの弦アースの線を、
エンドピンジャックにハンダづけしたところ。

アンプにつないで音出しのチェック・・・
いいですね、ノイズもなくバッチリOKです。

それでは、各パーツを、元の状態に戻していきましょう。
まず配線関連を元通りにハンダづけし・・・・・

エンドの穴からシールドの、ま、ジグですね・・・。
コレをFホールまで引き寄せ・・・
エンドピンジャックに差し込みます。

で・・・・
ズルズルと・・・引っ張り出せば、
エンドピンジャックは 、
無事、元の穴位置に戻ってくるわけです。
で、すかさず、固定用のナットを締め込んで・・・

次にテールピースのファスナーと
ストラップの両方がかけられるアダプターを取り付けます。

こうなるわけですね。

おっと・・・・・・
ファスナーがボディに当たる部分の補強を忘れていました。
現状の、バインディング状態では、
テールピースを取り付けてチューニングすると、
バインディングにファスナーが、
弦のテンションがかかり、ドンドンめり込んでいきます。
それを防ぐために、ここに堅い補強材をいれなくてはいけません。

まず、ファスナーが当たる位置を計測し、
その部分のバインディングを切り取ります。

ドキドキ・・ですが・・・・
メリメリ・・とバインディングを剥がします。
もちろんバインディングの境目の塗装部分は、
カッターナイフで、あらかじめ切り込みを入れ
塗装が割れないように、十分に配慮して作業しています。

バインディングが綺麗に取り外せました。

ここに埋め込むのは、黒檀です。
切り取ったスペースに、ぴったりとはまるよう成形し・・・

はい、出来ました。

こんな感じにはまり込むわけですね。
あ、上に飛び出している部分は、
もちろん、あとで削り取りますのでご安心を・・。

接着剤をつけ、トンカチで打ち込んで密着させます。

接着剤が乾いたら、黒檀がはみ出ている部分を
すべて綺麗に成形し完了です。
最後はボディ全体をレモンオイルで磨いておきました。
・・・が、時間の経過とともに
ビンテージのツヤに戻っていきました。
そうなんです、こういうギターは、
「ピカピカ」にしちゃいけないんですよ。
人も齢を重ねると、顔に皺を刻みますが・・・
ギターも同じ。
経てきた時代、年代を、
この表面の傷やくすみが表現しているのですね。

指板もレモンオイルで汚れを取り去って・・・・と
もちろんレモンオイルが乾いたら
元の鈍いツヤに戻ります。
じゃ、弦を張っていきましょう。
テンションがかかっていないときのテールピースは
こんな感じに跳ね上がっています。
弦はダダリオの .11フラットワウンドです。
このようなアーチトップのブリッジでは、
弦交換のたびに、オクターブを調整しなくてはいけません。
まずは、通常にチューニングして・・・・・・
チューニングできたら、
12Fのハーモニクス音を出して・・・

正しいチューニング音が出るように
ブリッジを前後させて調整します。
このギターの場合は、木製の一体型サドルのため
ブリッジ全体を前後させて調整しなければ行けないのですが、
最近のモダンなアーチトップギターは
ブリッジ部分に、TUNE-O-MATICスタイルのブリッジが多いので
サドルのビスを締め込んだり緩めたりしながら調整すれば、
比較的、簡単にオクターブの調整を行うことが出来ます。

さ、弦を張っての音だしチェック!
ファスナーが乗っかる位置の黒檀も・・イイですね。
出来上がり写真!
真横から見ると・・・
このような感じに、「浮いて」いるわけです。
 




Shiro Tsuji T&Joodeeギターの木製テールピース交換、
やれやれ、やっと終わりました。
なにせ、貴重なギターなので、取り回しも慎重におこなったせいで
知らぬうちに・・随分と肩が凝ってしまいました。
でも・・やっぱり「木」はイイですね。
金属から「木」にテールピースを交換したこのギター、
この見栄えなら・・・・・
Mr,Tsuji氏も、おおめに見てくれますかね・・・。

ところで!
次のページでは、このギターのオーナーが工房に持って来てくれた
貴重なギターを写真に撮らせていただいたので、お披露目します。
なかなか、現物を見る事が出来ないギター・・・
興味のある方、オーナーに言えば直接見せてもらえるかも・・・。
ホント!貴重です。


 



HOME
   TOP


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved