HOME
  MENU

3/フレット仕上げ〜ナット、再塗装〜完成

これは前のページのヤスリで出来た傷を
400番で消しているところですね。

400番のあとは、600番でさらに細かい傷を消していきます。

600番のあとは・・・・
これは800番のスポンジペーパーですね。
さらにこのあと、1200番のスポンジペーパーで光沢を出していきます。

で、最後はドレメルを使って
コンパウンドで磨けば、もう完璧ですね。

はい、こんな感じのツヤツヤ、ピカピカになりました。

マスキングをはずしてと・・・・
これでフレットのすり合わせ行程が完了です。

次はナットですね。
だいぶ接着剤等で汚れています。
ノミなどを使って、しっかりと平らな面を作ります。
ナットの底面は真っ平ら!
これ、ナット作業の基本ですね。

もう一つ・・・
前のナット作業で、この指板の断面にも接着剤がしっかりと塗布されていました。
これもナット作業には、不要な工程の一つです。
ナットを固定するときは、ナット底面に2〜3箇所、
瞬間接着剤をポツポツ・・と1滴垂らすだけでOK。

ナット溝の掃除が終わったら、次はナット本体の加工に入りましょう。
まずはナットの両サイドを400〜600番のペーパーできれいにならします。

さらにナット底面も真っ平らにしておきます。
ナットの状態にもよりますが、
でこぼこしている場合は、120〜240番くらいから始めます。
最終的には600番くらいまで研いておいた方が良いですね。

サイド面の厚みをペーパーで調整しながら
ぴったりと収まるように、何度も根気よく繰り返し作業します。
ここはとても重要な部分なので、手を抜かないでじっくりと時間をかけて作業しましょう。
ぴったりと密着するように収まったら、はみ出しているサイド部分をジュエリーソーでカットします。

はい、ナット両端をカットしました。
次は、ナットの溝切りのための下準備ですね。
まず、ナット上面のカットラインをマーキングします。おなじみ半割れ鉛筆で、まずフレット高さをマーキングします。

つづいて厚み0.6mmのスケールを半割れ鉛筆の下に敷き、ナット溝の深さをマーキングします。
さらに、その0.6mmのスケールの下に、厚さ1mmのスケール(ま、下に敷くのは、別に何でも良いんですが・・・私の場合、たまたま0.6と1mmのスケールがあったので・・・)を敷いて、1.6mmの厚みの上に半割れ鉛筆を置いてマーキングします。

はい、このように下からフレットライン、ナット弦溝ライン、ナット上面カットラインの3本をマーキング出来ました。

上面のカットラインは、ジュエリーソーなどでカットしても良いのですが、今回はベルトサンダーで一気に削ってしまいました。

仕上がりは、こんな感じですね。
あ、この下の木はサンディング用の当て木です。
こんな小さなナットをじかに手で持って削ると、大きなケガをする場合があります。
そこで、このような当て木に両面テープでナットを貼りつけて作業すると、安心して削る事が出来ますね。

ベルトサンダーで削ったのち、240番〜400番〜600番でナットの上面をきれいに整えます。
溝の最終仕上げは、この写真の弦溝を切ってから・・・最終的に800〜1200番のスポンジペーパーで光沢がでるまで磨いて終了になります。

弦溝のラインがマーキング出来たら、
まず薄刃のノコで、マーキングされたライン上に
溝を切っていきます。
あ・・・慎重にね。

ノコでカットラインが出来たら、
使用弦に合った溝幅を、ナット用ヤスリで切って行きます。このヤスリで溝を切っていく場合、止めるところ(溝の深さ)が、先程のナット溝のラインまで・・・ということになるわけです。

はい、ナットの暫定的?完成。
あとは、実際に弦を張ってから、1弦づつ1フレットの弦高、12フレットの弦高をチェックしながら、ナットの溝を、さらに削って微調整をおこないます。
ナット作業がおおむね完了したので、次はペグの取付ですね。
クリア塗装で、正規の寸法より若干小さくなってしまったペグ表穴を、リーマーで慎重に広げていきます。
で、ペグのブッシュをコンコンと・・・・打ち込み・・・
はい、ヘッド表面の作業は終了。
裏側のビスも取り付けました。
ヘッド裏側の全体像。
しかし、このあと弦を張って2日ほど経過したとき
この写真で見えるネックの首部分・右側(うっすらと白い栓が見えますね)の割れた部分が、弦のテンションで引っ張られ、すこし拡がってしまいました。
そのため、上に吹き付けたクリア層が退(ひ)けてしまいました。
で、まあ、結局は塗装を剥がし再塗装をしたのですが・・・。
ま、話は戻って・・・・
この時点で弦を張って、ナットの最終調整を行いましょう。
この電動ワインダーは、ほんとに便利です。
端3電池4本で動くのですが、直ぐに電池がなくなってしまうほど活躍しています。
もう、私はこれがないと弦の交換が出来ない!
少し低めですが・・・・
6弦12Fで、約1.6mmですね。
おっ!
こんぱうんどを出したついでに・・・・
ロッドカバーも磨いていますね。

はい、弦を張って出来上がり。
でも、この写真は、ヘッド部の再塗装前のもの・・・
この時点では、ニコニコしてたんですけどねえ・・・・

とても何十年前のギターとは思えないくらい、
綺麗なGRECO。
オーナーの愛情がひしひし、伝わって来ますねえ。
ロッドカバーも収まって・・・・
指板も、ほんとにきれいです。
もちろん、裏面にはそれなりのバックル痕なども見られますが、でも、綺麗なレスポールです。

む〜ん・・・・
ちょっと写真では分かりづらいかもしれません。
TREBLE側ネック首部分から、2弦ペグあたりまで亀裂部分のクリアが退けています。
この時点で随分と悩みました。
もう一度再塗装するか、このまま行くか・・・・
ま、結局は、クリア層をもう一度剥がして再塗装しました。

で、これは、再塗装して磨き直したところ。
もう一度ペグを取り付けている場面です。
表は、以前といっしょ。
裏面の最初から合った、塗装面が変化しているのがおわかりでしょうか・・・。
かなりクリア層を削りましたので・・・・
ついでに以前の塗装(ヘッド下側からセンター部に至るところ)を削り落として再塗装しました。
はい、ヘッドのアップ写真。
表面、弦を張ったところ。
・・・と、いうことで無事リペアが終了。
このあと、オーナーの元へ帰って行きました。
めでたし、めでたし・・・・・・。


 


HOME   MENU


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved